第12回 日本滅菌業協会 九州・山口地区合同研修会にて講演いたしました。(2018年2月28日追加記載)

 2018年2月17日(土) 北九州市立男女共同参画センター・ムーブにて開催されました第12回 日本滅菌業協会 九州・山口地区合同研修会にて弊社 学術/マーケティング室 栗原靖弘より、「LTSF滅菌を中心とした低温滅菌の選択方法と使用上の注意点の演題にて講演をさせていただきました。

 この度は、このような研修会で講演の機会をいただきまして、日本滅菌業協会 真木会長、村上事務局長、ならびに研修の準備にご尽力いただきました株式会社エフエスユニマネジメント 岩野統括部長、九州エア・ウォーター株式会社仲尾様に感謝申し上げます。

 

今回使用致しましたスライド数枚を掲載いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 大変熱心に講義を聴講いただきましてありがとうございます。質疑応答時に「プリオン病患者の脳神経外科の手術症例は年間1億人から10億人に対して1人である」と回答いたしました根拠となる、福井大学医学部附属病院 佐藤一史先生の論文プリオン病ハイリスク手術に使用した機材の洗浄と滅菌」は、こちらから入手可能です。この論文は、昨年度の第9回北陸中材業務・感染対策研究会の講演においても、脳神経外科専門医によるプリオン病の滅菌処理について執筆された貴重な論文としてご紹介させていただきました。この論文は滅菌供給業務に携わる人、全てが読むべき論文と思われます。

 その他、LTSF滅菌に使用するホルムアルデヒドの濃度に関するご質問は、会場でもご回答いたしましたが、現在35%液を使用する機種2%の希釈液を使用する機種がございます。この点の詳細は、昨年度の第92回日本医療機器学会企業セミナーの講演資料がご参考になるかと思います。こちらのページからか、もしくは下記カタログダウンロードボタンから入手可能でございます。

PDFカタログダウンロード

 

弊社栗原によります、次回の講演は現在までのところ、下記の通りとなっております。

 

2018年 6月1日(金)第93回 日本医療機器学会企業セミナー

10:30〜11:00 メディカルショー企業セミナー会場

低温蒸気ホルムアルデヒド(LTSF)滅菌について

 

2018年 6月9日(土)第30回 長崎中材業務研究会セミナー

消毒・滅菌の実際と確認

 

2018年 6月10日(日)第40回 神戸中材業務研究会

事例から学ぶEOG滅菌取扱いの注意点

 

2018年 6月16日(土)第47回 北海道中材業務研究会

〜事例から学ぶ〜 滅菌装置の適正使用とヒューマンエラー対策」 

 

2018年 8月31日(金)第25回 滅菌消毒業務受託責任者研修講習会

 

2018年11月10日(土)第5回 静岡県中材業務研究会CSSセミナー(特別講座)


2018年11月11日(日)第2回 栃木県滅菌業務研究会

 

2018年12月2日(日)第10回 北陸中材業務・感染対策研究会

 

2018年12月8日(土)第19回 第2種滅菌技士認定講習会

 

講演内容などの詳細は各研究会のホームページでご確認のほどお願い申し上げます。